くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

机の上の彼

 

f:id:kuro-yan:20170814101716j:plain

特別なことはないはずの1日だった。

 

仕事から帰ってきて、安売りしていた豚肉が入った袋をキッチンに置いたとき、私は気がついた。

 

いつもと違う。

何かが違う。

家に誰かいる?

 

 

辺りを見渡して、すぐに気がついた。

いつも何も置かないダイニングテーブルの上に、クリアファイルが置いてあった。

 

私がいつも座る席に、丁寧に、ただそれだけが置いてあった。

 

ただのファイルだったら、きっと私は気にしなかった。

でも、何かただならぬメッセージを感じた。

 

そもそもテーブルの上に物を置きたがらない夫が、ただ1つ、置いている。

しかも私に向けて置いている。

ファイルが私を見つめている。

 

よくみると、

「あなたが決めることが、未来になる」

というゴシック体が、主張していた。

 

ごちゃごちゃと荷物が置いてあれば、それはただのファイルだ。

でも、きれいに片付いたダイニングテーブルの上に、私のいつもの席に、見えやすいように、ただ一つだけ置かれたファイルには、何かメッセージ性がある気がしてならなかった。

 

 

中身は?

ファイルに何か挟まれていないか確認するが、空だった。

 

今日の夫の帰宅は遅い。

その前に私は寝る予定だ。

それまでに、このメッセージの意図を解きたい衝動にかられた。

 

夫は、無意味なことはしない。

 

色がピンク色だから、私が使った方がいいと思ったのだろうか。

それなら、もっと雑多にテーブルの上におく。

わざわざかしこまらせて置いたりしない。

 

何か、ファイルに入れて欲しいものがあったのだろうか。

住民票、婚姻届、戸籍謄本。

それは先週、用意してすべて渡した。

また、必要になるなら、LINEにメッセージが入るはずだ。

履歴にそんな頼まれ事はない。

 

ふと、ゴシック体の文字を確認する。

「あなたが決めることが、未来になる」

 

 

そういえば最近、将来の夢を語り合った。

 

どんな場所でどんな生活を送りたいか。

どんな仕事をしたいか。その夢を叶えるために、現状のままでいいのか。

今、やるべきことは何なのか。

 

話し合うときの約束は、それは無理って絶対に言わないこと。

たとえ相手が、億万長者になりたい、とか。

宇宙人と友達になりたい、とか。

赤レンジャーになりたい、とか言っても。

絶対に言わない。

 

無理は基本的にはない。

20年や30年で、世界はがらりと変わる。

 

ガラケーは消えてスマホになったし、ビデオはDVDに、音楽はもう電子的なやり取りが主流だ。

VRでカメハメ波も出せるようになった。

 

未来を私達は予想しきれないのだから、無理と断言するのは傲慢なのだ。

 

その話をしたとき、私は将来のキャリアについて悩んでいた。

現状維持か、それとも挑戦するか。

 

挑戦するなら、いつ、挑戦するのか。

適切な時期はいつか。

そもそもそれは、自分たちの幸せにつながるのか。

 

紙に書出しながら、頭を悩ませた。

 

でも、あれほど悩んだ先週末を忘れて、私はいつもの平日を過ごしていた。

悩まない、それも自分の頭の中をクリアにする方法だ。

 

そんな、現実から目を背けてしまったかのような行動をとる私への、メッセージなのだろうか。

「あなたが決めることが、未来になる」

決断によって未来は変わる。

目を背けず、決断せよ。そう、私に伝えたいのだろうか。

 

粛々と自分の課題を振り返りながら、私は夫より先に布団に潜り込んだ。

 

朝、目覚めると夫はまだ寝ていた。

朝ご飯を食べようとテーブルを見ると、ファイルはまだ置いてあった。

しばらくあのまま置いておくつもりなのだろうか。

私への戒めなのだろうか。

 

夫は自分に厳しい。そして自分という存在に等しい妻の私にも厳しい。

昭和終わりの生まれのくせに、たまに昭和初期生まれの日本男児のような発言をする。

真剣に考えて欲しいのだろうか。

キャリアはある意味、生きる道だ。

決断をきちんとせよ、ということなのだろうか。

 

まだ休息時間を堪能している夫に、いってきます、と声をかけて私は仕事に向かった。電車に揺られながら、自分の未来に関する決断について、考えていることを文章にして、メッセージを送った。

これでファイルは役目を果たすだろう。

 

 

特別なことはない1日だった。

 

仕事から帰ってきて、白菜が入った袋をキッチンに置いたとき、私は気がついた。

 

まだ、ファイルがある。

ファイルはまだ私を見つめ続けている。

 

慌ててLINEをチェックする。メッセージは特にない。

朝の私の考えについて、グッドポーズのスタンプが押されただけだ。

頼まれ事もない。

 

私は何かを見落としている気がする。

なぜ、このファイルだけがこんなにも丁寧に鎮座しているのか。

なぜ、このファイルが昨日から私の頭を支配しているのか。

 

「あなたが決めることが、未来になる」

この言葉以外に、目立つものは特にない。

ファイルの色はピンク色。

でも私の好きな色は黄色。

 

早く夫に、聞きたい。

なぜ、こんなにもこのファイルは丁寧に鎮座されたままなのか。

 

そして夫が帰ってきた。

 

夫から真意を聞き出すとき。

い、ざ!

 

聞いたとき、私は机の上の彼の存在にやっと気がついた。

「あなたが決めることが、未来になる」

ゴシック体よりも大きくファイルに写っていた。

私は見つめられていた。

 

夫が言いたかったことは、

妻夫木くん、かっこいいよね。