くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

おひつが妻の方に置かれる問題。

f:id:kuro-yan:20171024111339j:plain

我が家には金色のネコがいる。

正確には金色のまんまるネコの貯金箱だ。

いくらぐらい入るのかは分からないけど、結構良い大きさで、1年間この中に小銭貯金を貯める。

貯めた小銭貯金は年始に二人のお年玉、として開けて、二人で数えて、そして旅行に行ったりちょっといいレストランで食事をしたりする。

大量の小銭を数えるのはなかなか楽しくて、世の中がデジタル通過が本流になっても続けたいな、と思ったりする。

 

今年の年始は二人のお年玉を使って温泉旅行に出かけた。

小さな温泉町だけど、とても素敵な旅館がある。と勧めてくれた旅館に泊まった。

 

温泉は何種類かあって充実していたし、家族風呂も混雑なく、当日でもすんなり予約が取れて文字通り、二人で満喫することができた。

夕食時になって、部屋のテーブルの上は地元の名物の酒の肴でいっぱいになった。二人でビールで乾杯して、湯葉やら地元の川魚を堪能した。

お酒が進んで食事も後半に差し掛かった頃、おひつが登場した。

お酒の後、鍋物が出来上がる頃にご飯が欲しい旨を伝えていたので、まさにベストタイミングだ。部屋のすぐ外、ドアのところから透視していたんじゃないかと思うくらい、ぴったりなタイミングだった。

 

そして例のごとく、おひつは私の側に置かれた。

 

これが最近、自分の界隈で話題になっている。なぜ旅館では、夫婦で行くとおひつが女性側に置かれるのかと。

外国だと、妻がお酒を夫につぐなんてマナー違反。娼婦の仕事だと思われているからだ。同じ要領で考えると、おひつが女性側に置かれることは、まじで?まじで?って感じなんだと思う。

 

まあ日本だし、文化だと思えばそれはそれでいいんじゃないかな、とも思うけれど、時代に合わせて変えた方が良いって思う人が多いところが、日本って感じもした。外国よりも案外柔軟かもしれない。

おひつだって、置かれた後はどうしようが自由だし。運んでくれた人も別にそこまでチェックして、違いますよ、とか言う訳でもないしね。

 

勧めてくれた友人は男一人で行ったから、多分自分で自分の分よそったか、最初のいっぱいくらいはよそってもらえたりしたのかな。

 

ひつが私側に運ばれたことは、むしろ私にとってはラッキーよ。

私が自分のを自分で好きな量、先によそって、その後に夫。

好きによそれるのは、よそう者の特権だ。