くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

そこは小さな港区だった

 

f:id:kuro-yan:20171221103308j:plain

 

アメリカに来たはずなのに。

12月だというのに半袖で過ごす事が出来る体感だけが、ここはアメリカのハワイである、ことを証明しているかのようだった。

 

マラソンを走り終えて、最高に気持ちのいいビールを仲間と頂く。そんな夜の街を歩くと、聞こえてくるのは英語ではなく日本人の声だった。

 

スタスタと歩いて、日中に行ったダイビングの話しをしている辺り、マラソンの参加者ではないのだろう。

大股で3、4歩以上は離れている私達にも聞こえるボリュームで、仮想通過で儲けた話しやら、次にくる仮想通過のうんちくを、連れている女の子にしている。

 

分かりやすく女の子が美人だったら良かったのに、お前が言うか、というくらいには私も大した美人ではないけれど。

 

お金持ちになったら美人をつれて歩けるんだぜ、という夢を私達に見せてくれてもいいじゃないか、と心の中で突っ込む。

 

しかし私は確かにハワイについたはずだった。それなにびっくり仰天。到着先は港区を凝縮したような街だった。

なるほど、ハワイに行った友人達が、オアフ島ではなく違う島の方がよかった、と言っていたのはこのことかもしれない。

対して海外に来た感、というのがオアフ島にはあまりない。そもそも日本語通じるし。

 

せっかく飛行機に何時間も乗ってやってきたのだから、非日常感というものを感じたい、というのが旅の常だ。

 

私がオアフ島で感じた非日常は、12月だけど暖かい、ということと、南国の植物がたくさんあること。

空と海がきれいな事。

車が右側車線を走っている事。

Uberが使える事。

建物が東京ほど高くない事。

屋内に入ると天井が高い事。

道が広い事。

人口密度が東京よりは低い事。

たまに英語がよく聞こえる事。

レストランで出てくる食べ物のサイズが大きい事。

 

あれ、案外いっぱいあったな。

 

というわけで明日からはハワイ島にいってきます。