くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

映画としてのスターウォーズ感想と、シリーズとしてのスターウォーズ感想

f:id:kuro-yan:20171222142343j:plain

私は『スター・ウォーズ』が好きだ。

どれくらい好きかというと、映画のシリーズを全部見て、映画『クローン・ウォーズ』、そしてアニメシリーズの『クローン・ウォーズ』シリーズを全部観て、新婚旅行先をエピソード2のラストでアナキンとパドメのカップルが秘密の結婚式を挙げたナブーの湖水地方の撮影ロケ地と言われている、イタリアの秘境的な田舎、コモ湖にするくらいには好きだ。

基本的に全部観ているとはいえ、惑星の名前とか小物の名前を全部覚えているわけでもないから、プロの『スター・ウォーズ』フリークというわけではないんだけれど。

 

何が好きかと聞かれたら、それはまた違う機会に思う存分書いてみたいと思う。今回は最近公開になった、『スター・ウォーズ〜最後のジェダイ〜』の感想を記録していこうと思う。

思わずネタバレをしてしまうかもしれないので、今回ばかりはクリックして続き、を読む形式にしてみたいと思う。

 

 

 

論から言うと、私はエピソード8が好き。すごく面白かった。ついでにエピソード7が面白くないと思っていたけれど、エピソード8と合わせる事で、エピソード7も好きになった。

 

理由は簡単。エピソード7は全てが伏線で、エピソード8であらゆる伏線が回収されてとてもすっきりしたから。

起承転結でいうところの、エピソード7は起・承、で終わっていた感じ。転も結もないのだから、そりゃあそれ一つでは面白く感じない。

けれどもエピソード8による、転・結、が繋がって、今回どちらも好きになる、面白いと感じるまでに至った。

 

映画とは何か、という定義にもよると思うけれど、もしも映画が一つのタイトルの中で満足させなきゃいけない、というのであれば、スターウォーズシリーズは映画としては落第なのかもしれない。

次が出せるか分からない、だからこの作品だけで終わったとしても最高に面白い物にする。そんなものがエピソード4からは、もしかしたらにじみ出ていたのかもしれない。

 

けれどもエピソード7は既に8、9と三部作となる事が決まっていたし、なんといってもあのディズニーが買収していることもあって、資金面ではよほどこけないかぎり安定している。

だからこそ、勝負に出たのではないかと思った。今回エピソード8をみて、その直前に見直したエピソード7を思い出して、『スター・ウォーズ』はもはや映画ではなく、『スター・ウォーズ』という作品なのだな、と感じた。

そう、エピソード7なしに、エピソード8は完成しないし、逆もしかり。

そして伏線を回収しまくった感があるけれど、エピソード9はどう終わらせるのか。とても楽しみ。(ハン・ソロのスピンオフも楽しみ)

 

 

では、シリーズとしてはどう感じたか。

今回、レイの両親の正体が判明したり、なんだりがあったものの、その設定がファン的には微妙で、ファンからの反発がすごい、との記事やコメントをいくつかみた。

シリーズお決まりの、「なんだか嫌な予感がする……」もなかったこともすごい反響だったようだ。

監督が、古いものを捨て、新しいものを、という考えから、そうした演出になった模様。そうか、だから既存のファンから反発が来るのか、と思いがちだが、私の視点では、『スター・ウォーズ』のフリーク達へのファンサービスにあふれた作品だったのではないか、とも感じる。

古い者達へのとてつもない、感謝と尊敬の意が込められたかのように感じる。

 

アニメシリーズをみた人達なら強く感じたかもしれない。

実はアニメシリーズに、今回のラストのあたりと似たような回があった。フォース感応者の子供達がシスにさらわれたり、殺されたりする話しで、その子供達を助けたのは、アナキンの弟子、アソーカ・タノ

ちなみにその時ヨーダは『希望』についても語っていたと思う。確か。

 

レイをアソーカに置き換えると、あれ?これってアニメの時と同じような流れじゃない?と捉えられなくもない。

ラストの子供が出てくるシーンもそれを想起させるし、私の決定打はレイが逆手持ちをするところだったんですがね。

 

レイの正体についても、最初のアナキンをとても強く想起させられたし、アナキンはそれに負けちゃったわけですが......その辺りのレイの葛藤がエピソード9では描かれるのでしょうかね。アナキンとは違う形になるのか、それとも…いやはや楽しみです。

 

というわけで『スター・ウォーズ』をシリーズとして観た時、これはすごいまとめ方をしてきたな、と感じた訳ですよ。

ちょいちょい戦争で死んで行く仲間達も、かつてのシリーズに出ていた歴戦の猛者達で、自分が知らないうちに死んだ事になっているよりは、こうして最期が描かれているなんて、なんて優しいんだろうとも思っちゃった。

 

そんなこんなで、本職のフリークさんたちからはあんまり評判よろしくないような、今回の『スター・ウォーズ』ですが、これまでのファン達へのサービスが盛り込まれつつ、新しい時代へと飛び立つような流れが私は好きです。