くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

そんなにみんな世界一周がしたいのだろうか

f:id:kuro-yan:20180106094515j:plain

ハワイに行った後、インスタグラムのフォロワーが急激に増えた。中身を覗いてみると、みんな名前を変えただけで同一人物からフォローされたような気がして、少し不気味に思った。

どんな人にフォローされたかというと、みんな世界一周をしながら、もしくは旅をしながら働いている事をアピールしている人達だった。

仕事内容は分からない。

 

彼らは♯ハワイというタグだけを追っているのではないかと思うくらい、♯ハワイをつけた写真を投稿するたびにフォローを繰り返し、こちらが相手をフォローする気がないことを理解すると解除していく。

 

彼らのインスタグラムにアップされている写真は、大体世界中のどこかの海や空や、きれいな建物の写真ばかりだ。世界一周は謳うものの、世界の裏側のこんな面白いところに行ってきたぜ、というおもしろ写真はない。

ただただ美しく、気持ちがよくなるようなものばかりだ。

 

みんなあまりにも同じ写真しか載せていないので、それぞれどこかそういうサイトで拾ってきた写真を投稿しているのではないかと疑いたくなった。

 

そしてその写真の場所をよく見ると、大体ハワイだ。

もしかすると、世界一周しながら働くということについて、私の認識が違っていたのかもしれない。

1ヶ月ごとに拠点を動かしながら働くのではなく、ハワイを拠点に移動しながら働いている、ということだろうか。

移動しながら働く、もはや曲芸師のような響きだ。そういうサーカス集団ありそうだ。

 

胡散臭いフリーランス、ブロガー、起業目指してるマン、意識高い系学生は、なんでやたら世界一周、もしくは旅をしながら働く事を目指しているのだろうか。

 

今年一年、旅行をたくさんした身としては旅ってそれなりに疲れるし、なんなら旅先で仕事なんてしたくない。旅先ではっちゃけて、家でまったり過ごすことも全然悪くない。

旅をしたい彼らはみんな、日本でどんな家に住んでいるんだろうか。

 

私は今年気がついた。

旅も好きだけれど、家でふかふかのソファに座って、だらだらビールを飲みながらAmazonプライムで映画を観る幸せを。

 

私は今年気がついた。

飛行機も好きだけれど、ローカルバスを乗り継いで、日本の秘境にたどり着き、行き当たりばったりの移動で知らない人と知り合う楽しみを。

 

来年は国内をいろいろめぐってみたいなあ。