くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

インド人が教えるカレーの作り方を参考に、ズボラde本格カレー

 

f:id:kuro-yan:20180717092302j:plain

先日、ツイッターでこんな記事が出回っていました。

livejapan.com

インド人なら100均で売ってるスパイスだけで、めっちゃ美味しいカレー作ってくれるんじゃない?という実験のようです。

写真付きで作り方がとても分かりやすかったので、私もエセですがやってみました。

 

ちょっとアレンジ、というかズボラ化しました(笑)

スパイス→余っていたカレールー(2種類)

我が家ではカレールーはいつも2種類ブレンドします。違う食品会社のものをブレンドするようにしています。

玉ねぎ→普通の日本の玉ねぎ。先日遊びにきていたフィリピン人Pくんが日本の玉ねぎが紫色でないことに驚いていたので、向こうでは紫が主流なのかな。ま、大差ないっしょってことで普通の玉ねぎ

トマト→カルディのカットトマト缶。安くて旨いんだよね、これ。

うちの近所のカルディでは大体1缶91円!

にんにく&しょうが→普通のニンニクとしょうが。面倒なときはチューブ使っちゃう。

鶏肉→(本編ではヨーグルトにつけ込んでますが、私は日本酒につけて塩こしょう振っただけ。ヨーグルト無かったし、買いに行くのが面倒だった(笑)

 

 

後の作り方は参考ページとほぼ同じです。

刻んだ玉ねぎをたっぷりの油で炒めて、トマト入れて、にんにくしょうが入れて、

この後スパイス三種中の2種を入れていますが、私はここで鶏肉投入。

火が通ってから、カレールー2種類(少量2ブロックずつくらい)をぶちこんで、いつもより少なめのお湯を少しずついれました。(ルーもいつもより少なめ。トマトで水分が既に濃いから)

トマト缶の水分が程よく入っているので、そんなにお湯を入れなくて大丈夫な感じ。

ルーが溶けたら完成。

いつもよりもインドカレーっぽい、トマト風味の濃いめのカレーができました。米にも合ったけど、ナンにも合いそうなカレーになりました。

 

トマト缶一缶使って4人前分くらいできました。深めのフライパンで作れるくらいの量だったので、洗い物や後片付けもいつもより超楽でした。

ついでにカレールーの節約にもなりました。

お肉はひき肉や豆を使っても美味しそうです。シーフード系でもいけそうかな。

とにかくトマトで味がしっかり出ていて、めっちゃ美味しかったので、今後我が家のカレーの作り方はこのやり方になりそうです。

何よりトマト缶を使うことによってもはや切らなきゃいけないのが玉ねぎくらいという(あとお肉。でもカットされた物を買ってくればそこも問題なし!)

 

簡単で洗い物少なく、しかも野菜もたっぷりなカレー、この夏はハマりそうです。

 

livejapan.com