くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

西海岸の風が吹いて、真似したいと思ったこと

f:id:kuro-yan:20180727092517j:plain

先月はフィリピンからの友人が遊びに、我が家に来ていた訳ですが、今日から五日間ほどはアメリカ西海岸からの友達が我が家に滞在予定です。

 

我が家にはしょっちゅう海外からの友人が遊びに来るので、そこそこいい値段の緑茶の茶葉を常備しているのですが、来日初日にこれを出すと、結構感動されます。

これまで飲んだグリーンティーは偽物だったのか!

みたいに言われたこともあります(笑)

特別いれるのが上手、なわけではなく、茶葉の力です。グリーンティーの茶葉が紅茶のようになっているのも珍しいんでしょうね。結構な割合で、初めて見た!って言われます(笑)

日本茶をお土産に買って行く人もいて、我が家は正当な日本茶の普及に一役買っているのかもしれません。気分は日本茶外交官です(笑)

夫が海外滞在時代に各国に友人を作っていたこと、そして夫婦になってから、「遊びに行くよ」と約束した友人の元に本当に遊びに行く、という行動力を過去の自分たちが発揮していたことに、感謝です。過去の自分たち、ありがとう。今めっちゃ楽しい。

 

今回の友人は仕事がてらの滞在。友人が滞在し始めてまだ数時間も立っていないのですが、既に真似したくなるような西海岸の風を家の中で感じています。

 

(1)香水の香りが超いいにおい

後で何の香水使っているのか聞いておきたいくらい良い匂い。欧米の人ってめっちゃ香水こだわるので、いい匂いを発見するとつい聞いちゃうんだけど、今回は本当にめっちゃ好み。

というか自分自身に付けておくと、部屋全体もこんなにいい匂いに包まれるもんなのか、という発見もあり、自宅にいるだけの時でも自分も香水つけるようにしようかな、と思ったり。

 

(2)靴が良い靴だと玄関がオシャレになる

靴がオシャレ。1足置いてあるだけでなんか様になってる。靴ってインテリアになるんだ、という発見もありました。そしてオシャレは足下からって言うけれど、自分も靴にはこだわる人でいたいなあ、と改めて思いました。

 

 

(3)ボディソープ、シャンプーの容器が濃いめもオシャレ

うちに置いてあるの使ってーとは言ったけど、持参した友人。その容器がオシャレ。何がオシャレって、容器の色がちょっと濃いめの茶色なところ。

日本でオシャレを謳う容器って、透明なボトルにシンプルな英文字、みたいなのが多いけれど、そもそも浴室って白が基調だし、色が明るめだから、ボトルの色ももっとこだわって、濃いめを採用しても良いのかも、と思いました。

 

 

(4)自分の肌の色に合うパーソナルカラーを考えて小物を揃える

友人は濃いめの肌なせいか、淡い水色のジャケットがめっちゃ似合っていました。他の小物も淡めが多め。好みの問題もあるんだろうけど、自分の肌の色から何が自分を一番引き立たせてくれるか、どういう自分を演出するか、を自分も再度よく考えたいな、と思いました。

 

 

友人の滞在日数はまだまだあるので、また気がついたことはメモして自分の生活にも活かしていきたいと思います。