くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

"旅行の計画は遅くとも半年前に"という鉄則を守るだけで旅行満足度が120%になると思う理由5つ

f:id:kuro-yan:20180813204411j:plain

お盆休みになると、各種交通機関、公共機関の利便性が上がるなあと感じています。絶対普段の東京及び近郊の都市って、都市機能に対して人口が多すぎるんだろうな。

 

お盆含む夏休みの計画を数ヶ月前から準備し、無事に夏休みのメインイベント『青森・岩手旅行』は終了しました。

kuro-yan.hatenablog.com

kuro-yan.hatenablog.com

そんな私が現在予約を入れているのは、来年一月に予定している旅行です。夫の母、つまりは姑さんの還暦お祝い旅行の計画を立てていて、その予約の大枠をほぼ完了させました。

予約を完了させてから周囲の反応やらネットの情報を見ていて思ったことが、"還暦祝いという特別感はあるものの、国内旅行に対してこんなに早く手配を完了させてしまうのは、わりと少数派なのかも……。"ということ。

早くに予約すればオイシイことがいっぱいある!ということを知っている私は、元を辿れば実母の影響なのですが、義母の方は割とのんびりタイプ(計画的な私はしっかり者の嫁として評価されているので嬉しい限りだけど)

年配の方だったり、仕事柄難しい人もいるだろうけれど、"旅行の計画を半年以上前から立てる"という鉄則を守るだけで、各種方面において、旅行満足度は確実に上がります。

 

1.半年以上前の予約だと、大抵早割がある

早く予約することの一番のオイシイお得は多分この「早割」でしょう。特に国内旅行で、新幹線とホテルのパック、飛行機とホテルのパック等を使えば、普通にホテルと交通手段を取るよりも、二割〜三割。場合に寄ってはホテル代金分丸々安くなったりします。

しかもそれを自分が貯めているポイントが使えるサイトから予約したりなんかすると、距離と時期によってはポイントだけで旅行に行けます。

「早割」は大体90日前のプラン、120日前のプラン、などがありますが、枠数に限りがあり、予約が埋まれば終了してしまうので、100日前とかでは人気の宿だとそういうプランは残っていなかったりします。

が、半年前であれば人気宿も大抵残っています。早過ぎてもプランが出ていないので、国内旅行で早割を利用する場合は余裕をもって半年前、が程よいかなあと個人レベルで感じています。

 

 

2.選択肢が多い

半年も前になると、前述した通り早割プランがまだ残っている、ことに加えて、人気宿、ハイクラス宿の、通常プランの「交通手段+ホテル」セットもまだ残っていることが多いです。

人気宿、ハイクラス宿の早割は、多分出て割と早く埋まってしまいます。三ヶ月も前になると、通常のセットプランもなかったりしますが、半年前であれば早割はなくとも通常プランは大体生き残っています。

そうすると、用途に分けてそういうハイクラス宿も予約できます。

また、普通の宿であればオーシャンビューなど景色の良い部屋を選ぶことができる場合もあります。

自分へのご褒美にそういうホテルを使ってみたい、前は特別景色のいい部屋じゃなかったけど次回は海が見える部屋がいいと思ってた! という人もこういうのをウマく使えばお得にハイクラス宿、希望する部屋を利用することができると思います。

 

 

3.旅行本体より旅行の計画が楽しい、の計画部分を楽しめる期間が長くなる

よく、修学旅行は修学旅行そのものよりもその準備期間の方が楽しいって言ったりするじゃないですか。

旅行は案外旅行そのものよりも旅行を準備して計画して、どこに行こう何しよう、あそこはどうかな、とガイドブック片手に考えたり、一緒に行く友人や家族と話をしている時間の方が楽しかったりします。

添乗員さん付きのツアーでない限り、国内だったらホテル・交通手段だけおさえちゃえばあとはゆっくり自分たちで色々決めるのも楽しいです。

特に私は現地のおいしいご飯情報を、地元の人のブログから収集するのが大好きです。(地元の人と思われるブログを探す過程を含めて)

また、準備期間が長いとたまたまその準備期間にお茶した友達なんかから情報がもらえたり、情報を集める人脈も広げられるのも楽しいです。

 

 

4.地元の予約必須のお店の存在に気づき、かつ予約を入れる余裕もあったりする

計画部分に少し重なるところもありますが、特に国内旅行で初めてではなく2回以上訪れている場所なら、普通の観光客では行かないようなお店なんかもチェックしてみたくなるもの。

旅行で特にネックなのが、せっかくいいお店の情報仕入れたけど、予約が必須だった。という案件。(しかも1週間前に気がついて電話してみたらもう予約でいっぱい)

大抵の人は土日という地元の人も観光客も動くような日程に旅行をすると思うので、飲食店の競争率だって高め。

ですが、半年前から動いていると、大体1ヶ月くらい前から飲食店の予約が必要そうであれば動けるし、(ホテルの場所とかが決まっているおかげで)1ヶ月前であれば予約を取れるお店も多いです。

飲食店でない、何か見学する施設なんかでも、早めにチェックすることで予約が必要な体験情報を発見して、予約で埋まる前に自分の予約をいれることができたりします。

 

 

5.職場の休み申請もなにかとやりやすい

有給の取りやすさとかそういうブラック企業案件はちょっと置いといて(笑)半年も前からの予約だと、仕事の調整が何かとしやすいです。

予約を入れてしまったことから、自分自身の仕事も何とか調整しようとがんばれるし、周囲への対応のお願いなども、かなり前から決まっているだけでやりやすくなることも多々あります。

また、自分自身のプライベートな予定の管理も楽になるかなあと思っています。もうここで旅行に行くし、と決まっている分、他の旅行等の案件(行き先をかぶらないように、等)の調整、不必要な外出の出費を防ぐ、など結構メリハリがついていいもんです。

 

というわけで、"旅行の計画は遅くとも半年前に"、おすすめです。