くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

ジャガイモの芽取りを初めて知った夫がホットクックで肉じゃがを作りました

f:id:kuro-yan:20181216223251j:plain

週末ということで、購入したホットクックを使って夫が料理に挑みました。

考えてみれば、夫は私がフライパンにいろいろ入れた物を炒めること、それを盛りつけることはしたことがあっても、料理らしい料理はほとんどしたことがありませんでした。

最近ぶんぶんチョッパーで玉ねぎのみじん切りを始めたくらいでしょうか。

www.kuroyan.tokyo

 

ジャガイモと人参の下ごしらえは私も手伝ったものの、調味料を大さじ・小さじで計ったり、ホットクックにセットしたりする工程は、アプリのレシピを見ながらすべて夫がやりました。

 

結果は……

めちゃめちゃおいしくできました

 

おいしくて、食べ始めたらどんどん食べちゃって、写真撮るの忘れてました(笑)

ホットクックで肉じゃがの調理番号は001なのですが、さすが1番なだけあっておいしかった。やはり得意分野なのでしょうか。

じゃがいもはホクホク。人参も味がぎゅっと中に詰まったまま熱が通っていてすごく美味しかったです。

ちなみに公式のレシピ通りだと「調味料が多い」という話を聞いていたので、醤油を大さじ1つ分、それ以外は減らした醤油の比率分だけ減らしました。

(計算は夫はめっちゃ早かった。誉めたらめっちゃ嬉しそうだった。ちなみに私は最近はこれをgoogle home miniに全部計算させてます笑)

じゃがいもと人参の量は公式レシピより1個分くらい多めだったのですが、味付けはそれでちょうどいいくらい。

今後も調味料は公式より少し少なめがいいかもしれない、と思いました。

 

夫は初めての自分(ほぼ)一人での料理の結果に大満足だったようで、今後も新しいレシピを色々試していけそうです。

野菜がおいしく仕上がるのが本当に嬉しいですね。普段料理をしない男性が料理をすると、やたら凝るか、やたら肉が多いか、みたいな感じになりがちですが、ホットクックのおかげでものすごく日常に使える家庭料理を作れる男になれそうです(笑)

今度、夫のお母さんがうちに来るときに、夫が作った肉じゃがでも出そうかな……。姑さん感動しちゃいそう……。

少し余った肉じゃがは明日以降、夫のお弁当にしばらく入りそうです。

お弁当のおかずが一品増えたぜ!

おやすみなさい。