くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

ピザと私

 

初めて宅配ピザを食べたのは21歳の時でした。

どうしてそんなことを覚えているのかというと、21歳になるまで私はずっと宅配ピザという存在に憧れていて、「いつか食べたい」を脳内で100万回、は言い過ぎかもしれないけど、1000回以上は繰り返した末に叶った夢の1つだったからです。

 

私が住んでいた場所は、宅配ピザなんて届かないくらい田舎でした。

小学生の頃、なんかの授業で宅配ピザの話になったとき、クラスの誰も反応できなくて、遠方から車で通勤する担任の先生に、

「そうか……この地域にはピザが届かないのか……」

といわれたことを未だに覚えています。

 

けれどもCMはど田舎でも流れます。

ピザ生地に降り注ぐシーフード。とろけて伸びるチーズ。そしてオーブンでじゅわじゅわ焼かれて膨らんで、サクっモチっという擬音を発するCMを見るたびに、「ああ、これは都会の味なんだ」と希望を膨らませていました。

 

ピザ以外にも私にとっての都会の味はたくさんありました。

・マクドナルド

・ケンタッキー

・ミスド

・出前のラーメン

これは都会に住んでいるおばあちゃんの家に行ったときの、特別メニューでした。

マックは安いから。

ケンタッキーとミスドはおばちゃん(母の妹)の仕事帰りの道沿いにあるから。

出前のラーメンはおばあちゃんが好きだから。

という理由で、本当に、たまーに登場するメニューでした。

 

高校に進学してマクドナルドとミスドが身近になり、

大学に進学してラーメン屋さんが身近になりました。

けれども、ケンタッキーとピザだけは、ずっと縁がありませんでした。

特にピザは地味に高かったから。

社会人になってからかなーとぼんやり思っていました。

 

ところが21歳のある日。

友達と宅飲みをしている時に、仲の良かった、卒業した先輩が合流することに。

先輩がやってきて放った一言がこれ

「おごってやるからピザでも頼もうよ」

 

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉぉお!

たっ宅配ピザ!

 

実は飲んでいたメンバーの中に私以外にももう一人、宅配ピザに並々ならぬ高揚感を覚えている子がいました。Rちゃんです。

Rちゃんは、私ピザを頼んだことがない!とカミングアウト。

ええ!!と驚く周囲をさらに驚かせるように、私もカミングアウト(笑)

あんたらで頼みなさい(笑)と先輩に任命され、みんなが食べたいピザを電話で注文しました。

あの後すぐくらいからネット注文が主流になったので、電話で注文する、という貴重な経験も楽しかった。

 

ただ、注文することに興奮し過ぎたせいか、なぜか食べたときのことは殆ど覚えていないんですよね。お酒で記憶がとんでるんでしょうか?(笑)

 

都会に出てから、クリスマスにケンタッキーをベタにやるようになったけれど、実はまだピザは頼んだことがありません。

今や家から徒歩30秒のところにお店があるので、宅配でなくて直接取りに行ける環境。

今年のクリスマスはピザも頼んでみようかなあ。

今度はちゃんと、味わいたい(笑)