くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

574日目。ベースを整えた2018年ふりかえり

f:id:kuro-yan:20181231220539j:image
2018年もいよいよ今日で終わりです。
昨年毎月のように海外に行っていたこともあり、今年はエネルギーを内側に向けて、自分自身の生活ベース(基地)を整えた1年間になりました。
また、今年の目標は「継続」ということで、
・映画150本鑑賞
・本を100冊読む
・日記を毎日書く
・英会話力向上
・切り絵の作品を作る
・美ジョガーになる

という目標を立てて取り組んでみました。

 

★映画150本鑑賞

昨年は100本。今年は150本鑑賞しました。年間これだけ鑑賞していると、もともと全く映画に関する知識が乏しい人間だったのですが、それなりに監督がどうとかこの俳優さんはすごいとか、そんな感想を持てるようになりました。
150本は結構がんばって観た本数だったのですが、100本はいけそうなので今後も年に100本観ることは習慣にしてもいいなあと思いました。
特に世界ではやった映画を観ておくのは、外国の友達との交流にも役立つ点でもよかったです。

 

★本を100冊読む

今年の読書数は年間で86冊となりました。ただ、これは専門書も含めた冊数で、特に専門書は読み込むのにかなり時間もかかったので、100冊には届かずとも読書の質は前年より高められた気がします。
また、自分の読書の仕方、インプットの仕方を改めたい、見直してみたい気持ちもわいたので、年始に読書の仕方を改めて色々考えて、2019年はより質の高いインプットができる年にしたいなあと思います。

 

★日記を毎日書く

今年も無事、毎日くろやんの日記を書くことができました。ever noteを導入してから、忙しい時でも日記の編集がとても楽になったなあと思いました。また、Googleフォトによって写真の編集も楽になりました。
さらに、今年ははてなブログをプロ化しました。かなり記事数が増えてきたので、似たような記事などを集めた特化ブログをそのうちまとめてみたいなあと思ったり。
ホットクック導入でホットクックレシピのレパートリーが増えたり、自転車女子なのですが自転車に関することがほとんどかけていなかったり、まだまだ書ききれていないネタはたくさんあるので、来年はその辺りのことを書けていけたらいいなあと思っています。

 

★英会話力向上

継続のおかげか、突然都内で英語で話しかけられても対応がスムーズにできるようになりました。(最近都内を歩いていると、観光客によく話しかけられます)
来年はもっと英語の本や記事なんかもスラスラ読めるようになりたいな、と思ったのでよりリーディングとリスニングの勉強を集中的にやろうかと思っています。
そのための数値目標としてTOEICの定期的な受験をきめました。早速、3月の受験申し込みをしたので、年明けから英語の勉強を始めます。

 

★切り絵

全く作りませんでした(笑)まずこれは仲間が欲しいですね。切り絵を教えてくれたり、切り絵を一緒に楽しめたりしそうな仲間から探していきたいです(笑)

 

★美ジョガーになる

まだまだ美ジョガー体型には遠いですが、昨年の今時期と比べると−10kg。かなり近づいてきた感はありますね!体力もそこそこキープできています。
来年は体重よりも体脂肪率をもう少し減らして、体を絞る方向性にいきたいです。そのためには年末年始、食べ過ぎないように気をつけます(笑)

 

 

達成したことも、達成できなかったこともありますが、総合すると切り絵以外はきちんとやり切れました。
そのキーとなったのは、海外のミニマリスト、レオ・バボータの「捨てる技術」を読んで、「選択と集中」の重要性を学んだことだったと思います。
また、正しいやり方をきちんと研究すること、正しいやり方を完コピすることの大切さも学んだ一年だったと思います。

私自身の感覚としては、今年は自分自身が好きなことを生産するための工場建設をしているような一年でした。(そう思うと昨年は工場の設計図を作っていた感じ)
来年はいよいよ工場を稼働させようか!という感じ。
「選択と集中」を学んだことによって、継続して取り組む力はかなり伸びた一年だったと思いますし、物理的な面でも、ホットクックや食洗機によって自分の時間を確保し、生活自体の豊かさも向上しました。
内面も外側も豊かにしたことで得た武器を使って、来年は「実を生産する」一年にしていけたらな、と考えています。
詳しい目標はまた元旦に改めて考えることにして……。
ひとまずこの1年間、私の拙い日記を読んでくださった読者の皆さんが、来年もまたよりよい一年を過ごすことができることを祈って、今年一年の日記の締めくくりとさせていただきたいと思います。
みなさん、よいお年を!
おやすみなさい。