くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

外国からの友人を楽しませるディープスポットストックメモ

 

f:id:kuro-yan:20190116233119j:plain

headlines.yahoo.co.jp

タイに限らず、ここ数年日本が円安&欧米に比べて物価があまり上昇していないことが作用して、欧米圏はもちろんアジア圏からの旅行者も増えましたね。

温和系(笑?)な顔立ちのおかげか、駅でも道端でもスーツケースを引いた海外からの旅行者の方によく道や乗り換え方法を尋ねられます。

(私は色白なせいか、よく中国人の方に中国人と間違えられ、突然中国語で話しかけられます笑 私が「えっ?」って顔をすると、英語か覚えたての日本語で切り返されます笑)

 

上で紹介したのは、爆買い熱はおさまり、最近はディープな観光スポットへ体験を求めて旅行する外国の人も多い、という記事でしたが我が家の友人達もそんな感じ。

よく、「地元の人しか行かないけど素敵なお店・場所に連れてってくれ」

というリクエストをもらったりします。

 

こっちが地元でもない私ですが、夫と自転車やら車でのドライブやらで割と関東近辺も楽しんでおいたおかげか、「ここぞ!」というストックはたまってきているはずですが、いざそのときになるといつも忘れているので、忘れないようメモしておきたいと思います。

 

関東近辺面白スポット

(1)景色も良くて足湯も体験できる「海ほたるSA」

車でしか行けない、というのが海外からの観光客にとってハードルがちょっとあがるポイントだったりする。

抹茶ソフトのお店とか、足湯もあるので天気が悪くてもまあまあ楽しめる。

 

(2)桜の季節は意外な穴場スポット「椿山荘」

公共の施設ではないので都内の桜スポットには載っていないせいか気持ちいつも空いている。庭園は宿泊客以外にも開放されていて桜の時期は本当にキレイ。

周辺に昔ながらの日本の建物なんかもあるのでけっこう楽しめる。

 

(3)散策が楽しい日本の超ローカルスポット「十条銀座・谷中銀座・砂町銀座」

ざ・ろーかる。この3つは東京三大商店街とか言われているくらい長いので、全部眺めるだけでも楽しめる。もちろん食べ歩きも楽しい。

 

(4)タイミングが合えば!「和船乗船体験」

あまり知られていないけど、江東区で和船の乗船体験が無料で出来る。やっている日に行けばその場で無料で乗せてくれるのでハードルは低いけど、スケジュールを調べるのがハードル高いので(日本人でも。サイトがちょっと分かりにくい)日本人も殆ど知らない(笑)

 

(5)何でも揃うし意外とウケがいい郊外スーパー「イオン」

意外とお土産を買うスポットとして便利。安いし、お菓子なんかも大量に買える。ユニクロなどの人気ブランドから和風小物ショップ(100均ではないちゃんとしたやつが売っている)、ダイソーもある。

ここ一カ所で済むけど、車で訪れることがほぼ必須になるスポットなせいか、案外外国人旅行者が少ない(場所によるかもだけど)

 

食べ物(お店)

(1)一蘭

海外からの人に一番ウケがいいラーメン屋さんな気がする。

都内の店舗だと並ぶ可能性もあるけど、実は千葉とかに道路沿いにある店舗も。郊外なのでお店も広いせいか回転も速く、休みの日でもわりとすぐ入れる。

 

(2)お好み焼き

海外からくる人のほぼ八割がコレが好きって言う。友達が来る前には必ず粉とおたふくソースを私は買っておいてる(笑)

彼らのおかげで都内でお好み焼きを出すお店も結構調べた。

 

(3)まんてん寿司

コスパの良い回らない寿司屋。ランチなら一人5千円という破格の安さで回らない寿司を楽しめる。(そして美味しい)予約必須。寿司好きの友達が来日するときは予約する。

 

(4)おでん

地味に受ける。セブンのが一番ウケがいい。今度はちゃんとお店のやつ連れて行ってあげたい。

 

 

今年も友達が遊びにくる(&うちに泊まる)ことになったので、もっとディープな日本を楽しんでもらうべく、まずは自分がディープに楽しむぞ!

おやすみなさい。