くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

お弁当とともに夜食を作る生活が非常に楽で健康的だった

f:id:kuro-yan:20190402224055j:plain
筋トレに伴ってサラダチキン生活が始まった我が家。

www.kuroyan.tokyo

 

この二つと同時に始まったことが、お弁当と一緒に夜食ももつこと。

 

元々夕食がかなり遅くなる夫に夜食を持たせ、18時~19時という夕食として適切な時間に摂取することで、23時とか24時くらいに夕食をがっつり食べる、という内蔵が疲れるような習慣を断つために始めました。

 

が、実際始めてみたところ、お弁当をもたせた時点でその日の食事準備という家事が終了するため、精神的にも身体的にも非常に楽チンなことに気がつきました。
基本的に弁当の中身も、ブロッコリーとサラダチキン(+何かおかず)と決まっていることも楽チンな要因の1つかもしれません。


すごく楽だったので、自分の分の夜食も毎日作ることにしました。

 

お子さんがいるとかだと、豊かな食事生活の体験という意味で難しいかもしれませんが、大人二人であれば平日は質素に、休日に手のかかる料理、という食習慣で問題ないし、むしろ健康的かもしれません。


夫はいつも18時~20時の間にコンビニで買って間食していたのですが、その習慣はほぼなくなったので節約にも貢献してくれています。

 

使うタッパーの数は増えますが、食洗機があるのでノープロブレム。
すごくシステマチックですが、かなり楽チンなスタイルなので、いつの日か、お互い18時台に帰宅して共に夕食の準備ができるようなご身分になるまではきっと続けようかな、と思いました。