くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

使ってみて分かった、胡粉ネイルの弱点レポ

f:id:kuro-yan:20190405220959j:plain

www.kuroyan.tokyo

 

2月末くらいから胡粉ネイルというものを使っています。

京都にある日本最古の絵の具屋さんがつくるネイルです。

 

本当に絵の具みたいに塗れるので、ネイルを塗るのがヘタクソ、という人でも結構きれいに塗ることができます。

お湯で落ちますが、意識して擦らないと落ちないので簡単な水仕事なら落ちません。仮に落ちちゃっても修正が楽チンなのですぐ塗り直せば良いんだけどね。

 

ただ、こいつの弱点が判明しました。

それは温泉です。

 

種類によると思いますが。

今回は「美肌の湯」に分類される、ナトリウム・炭酸水素塩泉に入っていたら、ぺりぺり向けてきました。

右手は全部無事だったのですが、擦れて小さな傷がついていた左手は綺麗に全部はがれました。

(右利きなのになぜか左手爪の方がよく傷つく)

 

まだ一度しか入っていないので、温泉のせいだ!とは言えないかもしれませんが、一斉に全部(左手)剥けたのは初めてだったので、可能性は高そうです。

 

すぐ塗って直せるんだけどね(それがこのネイルのいいところ)

 

今後温泉に行くときは気をつけて爪の様子をみたいなと思いました。

他の泉質だとどうなんだろう。

 

おやすみなさい。

 

 

 

おやすみなさい。