くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

お米の吸水時間を増やしたらごはんがすごく美味しくなった

f:id:kuro-yan:20190411231103j:plain

 

最近お米を吸水させる時間を増やしました。

きっかけは玄米の炊き込みごはんをつくろうとして、半日くらい吸水させてからつくってみたことでした。

これまで、玄米は4時間くらい吸水せよ、とどこかで聞きかじったのを信じて寝る前にセットしていたので大体6時間くらい吸水させていました。

炊き込み御飯だし長めに吸水させよう、と半日くらい吸水させてみて炊いたら、かなりもっちり仕上がりました。

 

吸水を長くした方が美味しい?ということに気がついたので、思い切って朝、空になったお釜にセットしてから出かけて、夜炊飯スイッチを押して寝る生活にしてみました。

吸水時間はほぼ1日。16、7時間。

そしたらこれまでと比べてめちゃめちゃ美味しい玄米ご飯が炊けました。

 

白米も同じ要領で吸水させたら、もっちりとした仕上がりになりました。新米期間を超えてしまったお米はこの要領で美味しく炊くことが出来そうです。

 

今後の課題は夏場の吸水をどうするか。

お釜ごと冷蔵庫に入れば良いけど、あいにくそんなスペースないし。

ボールに入れなおして冷蔵庫内で吸水かなあ。

でも冷蔵庫だと寒過ぎて吸水あんまりしなさそうよねえ。

うーん、ちょっと考えよう。

 

おやすみなさい。