くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

手っ取り早く、仕事ができるキャラになる第一原則

f:id:kuro-yan:20190425230222j:plain

新しい年度が始まってそろそろ3週間。クラスメイトそれぞれのキャラだったり、職場の人間関係だったりが少しずつ見え始めてくる時期でしょうか。

 

そして少しずつ、猫が剥げかかってくる頃でしょうか。

 

面白キャラでも陰キャラでも基本的には自分がいたい場所においては、最初から自分らしく振る舞っておく方がストレスもなくていいと思います。

 

いや、そんなの難しいって、って思う人へ。

私がいつも新しい環境で心がけていて、間違いがなかったルールを1つ紹介します。

「レスポンスをすぐにすること」

 

大学生のときに先輩から教わったコツだったのですが、これが相手に信用してもらうための信用貯金作りにものすごく役立ちました。

要は、

・提出物は即行出す。(渡されてすぐに書き込んで5分以内に提出する勢いで)

・人から頼まれたことの優先順位を高く付けて、すぐにやる。溜めない。

・メールの返信はみたらすぐにやる

・何を行動したらいいか分からなかったらそれをちゃんとアウトプットする

っていうことです。

 

100点じゃなくて、30点でもとにかく早くアウトプットを出す方が好印象なことが多いです。

上の立場になってみると、相手が何に悩んでいるか分からないので、とにかく早くレスポンスを貰えれば、「もっとこうした方が良い」とか「自分の指示がちゃんと伝わってなかった」なんていうことに気がつくことが出来て、結果として最終的なアウトプットのクオリティも上がるんですよね。

 

アンケートや提出物てきなもののレスポンスは早ければ早い程、総務とか事務さんからの印象が上がり、先々うっかりミスとかした時に優しく対応してもらえたりします。(コラ)

 

何かミスってても、提出が早い分直す時間もたっぷりある、という状態なので総務・事務側としても心に余裕があり、比較的丁寧に対応してもらえる場合が多くなる印象があります。

 

新社会人向けの本とか色々あって、100こくらいやるべきこと書いてあったりしますが、「レスポンス早く」は新人が身につけるべき(やるべき)スキルベスト3には絶対入ると思っています。

私も初心に戻って、レスポンスは早く、ができているか振り返ってみよ……

 

おやすみなさい。