くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

林真理子の源氏物語が面白い

ふと思い立って、源氏物語を読み返し。

その隣に置いてあったのが林真理子氏による源氏物語。

林真理子はどんな風に切り取ったのかな?

と何気なく手に取って読んでみたら、結構面白かったのでそのままするする読み切ってしまいました。

現在上巻。

 

昔はキラキラした少女マンガを読むように源氏物語を読んでいたけれど、結婚もして世の中の色々を見た上で源氏物語を読んだせいか、林真理子氏のような解釈に大変共感しました。

少女マンガに出て来ていたヒーローが、大人になった今冷静に読むと、とんでもねーダメンズじゃない?みたいな。

彼氏にするなら良いけど、結婚はこっちのサブキャラだよね。

みたいな(笑)

 

とにかく源氏がこき下ろされているのですが、結婚した身だとうなずくしかない描写ばかり。

あと、昔は紫の上が非常に幸せな女に見えたのですが、林真理子目線(と結婚した自分の目線)で読むと、空蝉の君が一番幸せな女に見えてきました。

 

 

恋愛をしたい人は原作の『源氏物語』

婚活をしたい人は林真理子の『源氏語り』

がおすすめだなあ、と思いました。