くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

アメリカ人の友達と話していて感じた、語学学習における文化理解の重要性

f:id:kuro-yan:20191025065603j:plain

今日は東京に遊びに来たアメリカ人の友人とランチを食べに行きました。
夫婦でともだちなのですが、夫は数ヶ月前に、友人同士でアメリカに行った時に会っているので、私と会うのは半年以上ぶり。
私はスピーキングへたっぴなのですが、英語が母語なので色々汲み取ってくれるのと、友人は教育関係のお仕事をしているせいか、拙くてもいっぱい褒めてくれるので、私も恐れず英語を喋っています。
 
会話の流れで夫との初デートスポットの話になり、その会話から晴れ男、女、雨男雨女、の話をしたのですが、そもそも晴れ男、雨男、といった概念がなかなか伝わらず、語学学習において、相手の文化を知ることってすごく重要だなあ、ということをあらためて実感しました。
 
自分の文化でいうこれは、相手の文化でいうこれ、みたいな伝え方ができないと、日本の風習の説明が全然うまくできません・・・・・・。
 
最近は翻訳機械も発達してきたけど、語学学習、文化学習は人と人がコミュニケーションをとり続ける以上、やっておいて損はないな、と思いました。
 
おやすみなさい。