くろやんの日記

思考・映画・ごはん・旅・自転車・読書・ライフハックのメモ帳ーPersistence makes me.

ワーケーションをやってみて考えたこと(途中経過)

f:id:kuro-yan:20200804202846j:plain

ワーケーション、我が家の場合は私の実家(高齢の人はいない。買い物する場所もないので人との接触も起こらない)に滞在し、仕事や勉強をやり始めて2日が経った今の心境をまとめておきたいと思います。

 

人に会わない、お財布も開かない

買い物できるような場所が近所には何もないのでお金の消費活動0です。まだ地方に全然お金を落としていない。ただし、実家の食費は父母の二人分から我ら夫婦二人分が追加されているので、間接的には地方にお金は落ちていることになるだろうか。

 

ごはんが美味しい、お水が美味しい

ごはんとお水が美味しいです。野菜と魚と、普段食べているものとは新鮮さが断然違うので、仕事がちゃんとある状態で地方移住をすれば確実にQOLは上がるな、と思いました。また、水が美味しいとインスタントコーヒーも美味しい模様。ついでに私にとっては実家なので、ごはんを作らずとも料理好きの父が三食全部準備してくれるのが楽チン笑

 

ネット環境は良好・盲点は電話の電波

実家はAmazonをテレビに繋いで見ていたり、母もデスクトップPCを使っていたりするのでネット環境はかなり良好。私がオンライン授業、夫が仕事をしていてもネット環境は全く無問題でした。が、盲点は電話の電波。夫が仕事で電話を受け取る時、ちょっと電波が弱いのだとか。それは盲点。電話の電波は自分では解決のしようがないので、今後地方の山奥でも回線が強い会社とかが、会社スマホのシェアを勝ち取って行くかもしれませんね。

 

 

この仕事のままでよいのか、人生について考えさせられる(夫談)

こんなにも地球は広いのに……人が全くいない田舎を散歩していると、人間が小さく感じるせいか、自分の人生についていろいろと思考を巡らせることがよりはかどるようになったそうです。(私はそうでもない。多分ここが生まれ育った場所だから)

 

というわけで、ワーケーションをやってみて考えたこと(途中経過)でした。

また終わったら考えたことをまとめたいと思います。

 

おやすみなさい。